第691回ミニロト予報

当選数字。「3」「9」「10」「20」「25」B「31」
と前回の結果と比べるまでもなく惨敗のようです。
データでは難しい結果となったようです。
尚、当選数字に関しては、必ずオフィシャルサイトにてご確認下さい。
11月13日追記。

第691回。2012年11月13日。
週「2週目」、六曜「友引」、九星「一白」、干支「戊寅」の項目となります。
以上の項目から、出現数を注出したのが以下のデータとなります。
では、初めにカウント数の結果を解説をしていきましょう。

出現数のカウント

出現数のカウントグラフ

全体的なカウント数のグラフを見ると2つの山がある事が解ります。
それは「11」「22」です。
今回は同数とも140を超えていると言う事もあり、二つの柱があるようです。
では、次にランクの結果を見てみましょう。

出現数のランク

出現数のランクグラフ

カウントでもやはり「11」と「22」が際立って強いようです。
しかし、カウントでは「11」が有利なもののピンクは「22」と
数字の強さは「22」が一位でしょう。
「14」「18」では同じようなランクなので、青表示です。
「16」の緑表示ですが、いづれもピンク表示が二つもあり伏兵的な
数字と言えるでしょう。
最後に総合データの解説となります。

出現数の総合データ

全体的な感想としては、カウント、ランク共にかなりまとまった結果と
なったようです。「11」と「22」を中心に数字を構築するといいでしょう。
伏兵数字の「16」を織り込んで予想を立てると面白くなりそうです。
ダウン数字(※1)の「10」が近接しているのも面白い所です。
また、「28」と「29」が並んでいる事で近くの思わぬ数字の登場を予感させます。
強い数字と言うのは、相反するものなので今回もダウン数字を含めた想定が
必要かもしれません。

ミニロト予報を参考に、よきミニロトライフをお楽しみください。

※1ダウン数字とは。
全体的なカウント数で数字が低い数字の事です。
全体的に見れば出現数が低いのですが、逆の意味で強い数字と言えるのです。

※ご注意下さい。
ミニロト予報はあくまでも、LOTOくじ分析ラボの分析による結果を示しているものです。
ロトくじ分析ラボでは、この分析結果の内容のいかなる保障も致しません。
また、分析結果を参考にしてのミニロトの購入は全て自己責任となります。
その事を良くご認識の上で参考にして下さい。